2018年04月19日

Iコリント6章12節

「すべてのことが私には許されたことです。しかし、すべてが益になるわけではありません。私にはすべてのことが許されています。しかし、私はどんなことにも支配されはしません」。

悲しみや怒り、高慢や卑屈、自己中心な思いに支配されていないか、吟味しましょう。キリストとともに歩む喜びがあるなら、今日のあなたは自由です。キリストの愛と義に支配されることが、キリスト者本来の自由です。
posted by e-grape at 07:34| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

Iコリント6章7節

「そもそも、互いに訴え合うことが、すでにあなたがたの敗北です。なぜ、むしろ不正をも甘んじて受けないのですか。なぜ、むしろだまされていないのですか」。

私たちが真に正しいなら、だれが何と言おうと、その正しさは不変です。しかし、我を張り、感情的に自分の正しさを示そうとするなら、その正しさは主の前に揺らぎます。あえて不正に甘んじるほうが、正しさは保たれます。主はご存知です。
posted by e-grape at 07:48| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

Iコリント6章1節

「あなたがたのうちには、仲間と争いを起こしたら、それを聖徒たちに訴えずに、あえて、正しくない人たちに訴える人がいるのですか」。

主の前に正しいという確信がある人なら、「聖徒たち」(正しい人)に訴えるでしょう。あえて「正しくない人」を選んで訴えるのは、自分と同じ仲間が欲しいからです。誰を相談相手にするか、よくよく自分の心を吟味しましょう。御言葉に立つ人の忠告を受けましょう。
posted by e-grape at 08:09| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

Iコリント5章7節

「新しい粉のかたまりのままでいるために、古いパン種を取り除きなさい。あなたがたはパン種のないものだからです。私たちの過越の小羊キリストが、すでにほふられたからです」。

私たちは真実な心を授かりました。わざわざ過去の悪習慣や不純な関係を呼び戻してはなりません。「古いパン種」が心に入り込んだら、反射的に取り除くのです。主が、みずみずしく澄んだ心を回復してくださいます。
posted by e-grape at 12:32| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

詩篇102篇19、20節

「主はその聖なるいと高き所から見おろし、天から地の上に目を注がれました。捕われ人のうめきを聞き、死に定められた者を解き放つために」。

一個人として注ぎ出した祈りが、個人の願いを越え、「捕われ人」「死に定められた者」たちへと広がっていきます。自分個人の願いで終わらず、同じ苦しみにある全ての人の願いとして祈るとき、大きな恵みに包まれます。主は「私たちの祈り」を喜ばれます。
posted by e-grape at 08:02| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする