2021年01月16日

創世記24章50節

「このことは主から出たことですから、私たちはあなたによしあしを言うことはできません」。

イサクとリベカの結婚を、リベカの兄と父が承認する言葉です。主から出たことに、人が口をはさむことはできません。自分の事情や好き嫌いを優先させてはならないのです。このくらいいいだろうと妥協してもなりません。理解できなくても、主の教えに従うのが最善なのだと、後で知ることになります。
posted by e-grape at 08:37| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

創世記24章3節

「私はあなたに、天の神、地の神である主にかけて誓わせる。私がいっしょに住んでいるカナン人の娘の中から、私の息子の妻をめとってはならない」。

アブラハムは唯一神の祝福を息子に継承させるために、異教徒との婚姻を禁じました。世と交わっても、くびきまで一緒にしてはなりません。同じ神を主と仰ぐ家族や共同体を大切にしましょう。独りで正しい信仰を守るのは容易ではありません。
posted by e-grape at 10:55| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

創世記23章13節

「私は畑地の代価をお払いします。どうか私から受け取ってください。そうすれば、死んだ者をそこに葬ることができます」。

アブラハムは、ヘテ人が「ただで差し上げる」と言うマクペラの畑に大金を払いました。主からの恵みは感謝して受けますが、人からのものには適切な代価を支払うのです。やがてアブラハムの子孫が、マクペラを含む「約束の地」の全土を、主から受け取る日が来ます。
posted by e-grape at 08:30| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

創世記22章18節

「あなたの子孫によって、地のすべての国々は祝福を受けるようになる。あなたがわたしの声に聞き従ったからである」。

ひとりの人アブラハムが主に従ったことで、全人類が主の祝福に浴せるようになりました。ならば、信仰によるアブラハムの子孫である私たちが主に聞き従うなら、主の祝福はさらに広がるのです。そう考えると、主に従うことが、以前にもまして喜びとなるではありませんか。
posted by e-grape at 08:29| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

創世記22章14節

「そうしてアブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエと名づけた。今日でも、『主の山の上には備えがある』と言い伝えられている」。

アブラハムからおよそ千年後、同じモリヤの山に主の神殿が建てられ、さらに千年後、同じシオンの山に救い主イエスが用意されました。「主の山」を土台として暮らすなら、恵みにとどまれます。「主の山」から下りて、わざわざ別の山に登るなら愚かです。
posted by e-grape at 08:09| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする