2019年07月19日

ピリピ2章13節

「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです」。

神は、私たちの心を白くしてくださるだけでなく、心に志を立てくださいます。白いだけで志が描かれていなければ、心は躍動しません。主の役に立ち、人の益になることをいつも考えていましょう。やがて、神があなたに望んでおられることが鮮やかに心に浮かび上がり、行動したくなってきます。
posted by e-grape at 08:09| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

ピリピ2章7b、8節

「キリストは人としての性質をもって現われ、自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも従われたのです」。

そんなキリストが一緒に歩んでくださるのですから、私たちもたいていの苦難や屈辱には耐えられるはずなのです。主がその忍耐力を与え、場合によっては脱出の道も備えてくださいます。要は、主に人生の主導権を渡すことです。つまり、主と同じようにへりくだることです。
posted by e-grape at 08:39| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

ピリピ2章6、7節a

「キリストは、神の御姿であられる方なのに、神のあり方を捨てることができないとは考えないで、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられたのです」。

神の子が神のあり方を捨て、ご自分を無にされたのです。その恵みを受けた私たちが、自分の考え方や流儀にこだわらず、自分を無にしてキリストに仕えるのは、当然のことです。それが神を知り、祝福を受ける道です。
posted by e-grape at 19:54| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

ピリピ2章4節

「自分のことだけではなく、他の人のことも顧みなさい」。


自分のために人を利用せず、むしろ主と人のために自分が利用されることを、よしとしましょう。神の御子が人に仕える者となられたのですから、私たちも主に倣い、人のことを思いやる習慣をつけましょう。私たちの優しさ、ひとことの励ましや親切を必要としている人が必ずいます。拒絶を恐れてはなりません。愛には恐れがないのです。
posted by e-grape at 08:07| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

ピリピ2章3節

「何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりも優れた者と思いなさい」。

自分をなにか立派であるかのように見せかければ、かえって自分を苦しめることになります。自分の知識や能力を人に認めさせるよりも、むしろ誰からでも学ぼうという姿勢をとれば、楽になるのです。特に、謙遜、柔和、寛容、忍耐を倣いましょう。私たちの器は大きく成長します。
posted by e-grape at 16:12| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする