2016年05月31日

ルカ8章18節

「だから、聞き方に注意しなさい。というのは、持っている人は、さらに与えられ、持たない人は、持っていると思っているものまでも取り上げられるからです」。

心の頑なな人は、主の恵みを拒絶します。高慢な人、卑屈な人、怠慢な人の心は「ザル」状態です。恵みが注がれても垂れ流しです。恵みは謙遜な人に流れていきます。素直な人はそのすべてを受け止めます。結局、従順な人が一番豊かです。
posted by e-grape at 07:08| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

ルカ8章17節

「隠れているもので、あらわにならぬものはなく、秘密にされているもので、知られず、また現われないものはありません」。

真理は必ず現われます。隠しても、その力は言葉と行いに現われ出ます。罪もそうです。隠しても、顔と言葉としぐさに浮き出てきます。キリストをいつも心に思っていましょう。キリストが真理だからです。真理は罪に打ち勝ちます。私たちの表情や言葉から罪が消えます。
posted by e-grape at 09:37| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

1列王記8章39b節

「ひとりひとりに、そのすべての生き方にしたがって報いてください。あなたはその心を知っておられます。あなただけがすべての人の子の心を知っておられるからです」。

あなたの心を知っておられる主に、「私の生き方にしたがって報いてください」と祈れますか。謙虚になりましょう。へりくだる者は、主の視点で自分を見ることができます。やがて、自分の生き方に確信が持てるようになります。
posted by e-grape at 07:29| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

1列王記8章29節

「そして、この宮、すなわち、あなたが『わたしの名をそこに置く』と仰せられたこの所に、夜も昼も御目を開いていてくださって、あなたのしもべがこの所に向かってささげる祈りを聞いてください」。

今や私たちこそが、ひとりひとり、主の御名の置かれた神殿です。主はすべてを御名のためになさいます。つまり、私たちの願いに答えることで、御名の尊厳を守られます。そのつもりで祈りましょう。
posted by e-grape at 07:52| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

1列王記8章27節

「それにしても、神ははたして地の上に住まわれるでしょうか。実に、天も、天の天も、あなたをお入れすることはできません。まして、私の建てたこの宮など、なおさらのことです」。

しかし、主は私たちが礼拝する所、どこででもお住まいになります。あなたが祈り、賛美を始めたら、そこに主は住んで、主のわざを始められます。ただし、主を私たちの窮屈な頭の中に閉じ込めることはできません。
posted by e-grape at 07:47| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする