2016年10月31日

ルカ18章41節

「『わたしに何をしてほしいのか』と尋ねられると、彼は、『主よ。目が見えるようになることです』と言った」。

主に「何をして欲しいか」と問われたら、何をお願いしますか。人から「何でもしてあげよう」と言われても、人間の能力を超えたことは望めません。あなたは、主イエスに何ができると信じていますか。その信仰が問われているのです。盲人はずばり、「目が見える」ことを望みました。
posted by e-grape at 07:58| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

2歴代誌31章20、21節

「ヒゼキヤはユダ全国にこのように行い、その神、主の目の前に、良いこと、正しいこと、誠実なことを行った。彼は、彼が始めたすべてのわざにおいて、すなわち、神の宮の奉仕、律法、命令において神に求め、心を尽くして行い、その目的を果たした」。

心を尽くして主の目に正しいことを行い、決心した良いことは最後まで果たす。そんな喜びをあなたも味わえます。恐れずに一歩踏み出しましょう。
posted by e-grape at 07:26| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

2歴代誌30章9節

「あなたがたの神、主は情け深く、あわれみ深い方であり、もし、あなたがたが主に立ち返るなら、あなたがたから御顔をそむけるようなことは決してなさいません」。

あなたは主がどんなに憐れみ深い方か、本当に知っていますか。知っているなら、自分の醜さや弱さを曖昧にせずに告白し、徹底的に主に立ち返ることができるはずです。自分の罪深さに絶望しても、主の赦しを疑ってはなりません。
posted by e-grape at 07:44| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

2歴代誌29章16節

「祭司たちが主の宮の中に入って、これをきよめ、主の本堂にあった汚れたものをみな、主の宮の庭に出すと、レビ人が受け取って外に持ち出し、キデロン川へ持って行った」。

もっと大胆に、自分の生活をきよめませんか。あなたの心を汚す「ゴミ」、あなたの目を悩ます「ホコリ」、あなたの時間を奪う「クズ」を、全部きれいに消却、除去、排除しましょう。淀んでいた恵みが音を立てて流れ出します。
posted by e-grape at 07:02| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

2歴代誌29章5節

「レビ人たち。聞きなさい。今、あなたがたは自分自身を聖別しなさい。あなたがたの父祖の神、主の宮を聖別し、聖所から忌まわしいものを出してしまいなさい」。

私たちも祭司です。祭司の務めは人々を祝福することです。人々の救いのためにとりなしの祈りをします。祭司として働けることは喜びです。しかし、世の中と歩調を合わせていては、祭司の働きはできません。聖さを保ちましょう。
posted by e-grape at 08:40| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする