2017年06月10日

詩篇23篇6節

「まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう」。

御言葉と祈りと賛美が主の家です。主の家に住み続けるなら、じたばたせずとも、恵みのほうから追いかけてきます。詩篇23篇は心の処方箋です。不安で眠れない夜、大事を前にして心が騒ぐ日、黙して主を待つことができないとき、何度も唱えることをお勧めします。
posted by e-grape at 08:27| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする