2017年06月15日

ローマ3章18 節

「彼らの目の前には、神に対する恐れがない」

神に対する恐れがなければ、人はしてはならないことを平気でするようになります。神の領域に踏み込み、取り返しのつかないこともします。確かに、私たちは主の造られた世界を見て喜び、食べて楽しみ、知って喜んでいいのです。でも、その自由を神の定められた枠組みを超えて行使してはなりません。主を畏れることが、真の知恵と幸福の源です。
posted by e-grape at 09:28| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする