2017年06月19日

詩篇24篇1節

「地とそれに満ちているもの、世界とその中に住むものは主のものである」。

この世のものを私物化することで生活の保障を得ようとするなら、かえって平安を失います。何かを所有していても、自分のものではなく主のものであると考えるなら、モノやカネに縛られずに暮らせます。すべての所有者である主は、私たちに必要なものを無償で貸し出されます。必要なのは、求める謙虚さと感謝する心です。
posted by e-grape at 07:33| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする