2017年06月20日

詩篇24篇3、4節

「だれが、主の山に登りえようか。だれが、その聖なる所に立ちえようか。手がきよく、心がきよらかな者、そのたましいをむなしいことに向けず、欺き誓わなかった人」。

主から離れたところで何をしても、虚しい自己満足に終わるだけです。カインのように、主の前から去ってはなりません。主に顔を向けていれば、偽りのない心が創られていきます。主にとどまれば、聖い人間にしていただけます。
posted by e-grape at 07:47| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする