2017年06月30日

ローマ4章20〜22節

「彼は、不信仰によって神の約束を疑うようなことをせず、反対に、信仰がますます強くなって、神に栄光を帰し、神には約束されたことを成就する力があることを堅く信じました。だからこそ、それが彼の義とみなされたのです」。

私たちが不誠実でも、主は変わらず約束に忠実です。主に従うことに失敗しても、主に信頼する資格が失われたわけではありません。それでも信頼する人、それが義人です。
posted by e-grape at 07:15| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする