2017年07月13日

ローマ5章8節

「私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます」。

敵のために命を捨てること、それ以上の愛はありません。私たち罪人は、そんな愛をキリストから受けたのです。この愛は、私たちを圧倒し、謙虚にさせます。この愛が全身に浸透したならば、喜びでうち震え、不平不満が口から出てこなくなります。いつも十字架の主を仰いでいましょう。
posted by e-grape at 07:14| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

ローマ5章5節

「この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです」。

患難さえも喜ぶ信仰が希望を生み出し、その希望は必ず意味のある実を結びます。あなたに内住される聖霊は、その実が結ばれるまで、神の愛と力を注ぎ続けてくださいます。人の価値は、神にどれだけ愛されているかを知り、どれだけその愛を受け取り、どれだけその愛の中で生きたかで決まります。
posted by e-grape at 07:27| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

ローマ5章3、4節

「そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです」。

主の恵みに生きる醍醐味を知れば、患難さえも喜べるようになります。喜べば聖霊が躍動されます。聖霊は、忍耐を生み出し、品性を練り、希望へと連鎖的につないでくださいます。そして、恵みへの感謝と喜びがあふれます。主は私たちをこのサイクルに入れたいのです。
posted by e-grape at 07:08| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

ローマ5章1節

「ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています」。

親と平和な関係にあれば、家でくつろげるように、神との平和があれば、神の砦で安らかに憩うことができます。神との平和があなたの日々の生活を整えます。もし今、あなたにその平和がないなら、あなた自身がその原因をよくご存じのはずです。それを主に差し出しましょう。平和を回復して、一日を始めてください。
posted by e-grape at 07:05| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

詩篇27篇9 節

「どうか、御顔を私に隠さないでください。あなたのしもべを、怒って、押しのけないでください。あなたは私の助けです。私を見放さないでください。見捨てないでください。私の救いの神」。

ダビデはたびたび死に直面しました。その危機を脱するには、主の憐れみと恵みに頼るほかありませんでした。主だけが助けならば、祈りは必死になります。苦難のなすがままになっていてはなりません。
posted by e-grape at 07:22| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする