2017年07月07日

27篇5節

「それは、主が、悩みの日に私を隠れ場に隠し、その幕屋のひそかな所に私をかくまい、岩の上に私を上げてくださるからだ」。

ダビデは、主に窮地を救われるという経験を積み重ねてきました。今回も、主の隠れ場に隠され、やがて雄々しく立つ日が来ると確信しています。苦悩の日は、主にかくまわれて、自分の考えで動かず、主の声に耳を傾ける時です。御言葉と祈りで主の戦いに備える機会です。
posted by e-grape at 08:28| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

詩篇27篇4節

「私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために」。

敵に悩まされるダビデの真実の願いです。主と一緒に暮らしていたい、主の麗しさに浸っていたい、というたましいの渇望です。私たちも、多忙な生活、世事に追われる日々の中でも、主のお側でゆっくりくつろぐ時間を作りませんか。
posted by e-grape at 08:21| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

詩篇27篇1節

「主は、私の光、私の救い。だれを私は恐れよう。主は、私のいのちの砦。だれを私はこわがろう」。

主の光の中にとどまるなら、心に闇が侵入することはありません。心に恐れが生じるのは、自分の力に頼って、光の支配から抜け出しているからです。光の中に立ち帰るなら、恐れは消え去ります。もはやサタンもあなたに手出しできません。この句を復誦してみてください。ダビデの勇気を得ます。
posted by e-grape at 21:33| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

詩篇26篇7 節

「感謝の声を聞こえさせ、あなたの奇しいみわざを余すことなく、語り告げましょう」。

主に感謝することで、主の御名をほめたたえましょう。また、主の偉大なわざを証しすることで、ほめたたえましょう。主はそれを喜ばれます。主に喜ばれるなら、私たちの心も喜びます。暮らしの中に、この関係を築きましょう。聖霊の上昇気流に乗って、主の「栄光の住まう所」(8節)に引き上げられます。
posted by e-grape at 07:38| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

詩篇26篇5節

「私は、悪を行う者の集まりを憎み、悪者とともにすわりません」。

サタンでさえ光の天使を装います。まず、主の目に善か悪かを洞察しましょう。自分の弱さを知っているなら、悪影響を与えるものから遠ざかることが大切です。テレビ番組、ネットも、心を汚しそうなものには、のめり込まないと決めておくことです。それがあなたを守ります。何よりも、善を行う人たちと交わって暮らすことです。
posted by e-grape at 07:43| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする