2017年07月05日

詩篇27篇1節

「主は、私の光、私の救い。だれを私は恐れよう。主は、私のいのちの砦。だれを私はこわがろう」。

主の光の中にとどまるなら、心に闇が侵入することはありません。心に恐れが生じるのは、自分の力に頼って、光の支配から抜け出しているからです。光の中に立ち帰るなら、恐れは消え去ります。もはやサタンもあなたに手出しできません。この句を復誦してみてください。ダビデの勇気を得ます。
posted by e-grape at 21:33| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする