2017年07月06日

詩篇27篇4節

「私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために」。

敵に悩まされるダビデの真実の願いです。主と一緒に暮らしていたい、主の麗しさに浸っていたい、というたましいの渇望です。私たちも、多忙な生活、世事に追われる日々の中でも、主のお側でゆっくりくつろぐ時間を作りませんか。
posted by e-grape at 08:21| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする