2017年07月08日

詩篇27篇9 節

「どうか、御顔を私に隠さないでください。あなたのしもべを、怒って、押しのけないでください。あなたは私の助けです。私を見放さないでください。見捨てないでください。私の救いの神」。

ダビデはたびたび死に直面しました。その危機を脱するには、主の憐れみと恵みに頼るほかありませんでした。主だけが助けならば、祈りは必死になります。苦難のなすがままになっていてはなりません。
posted by e-grape at 07:22| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする