2017年07月14日

ローマ5章20節

「しかし、罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました」。

サタンは私たちを、これができていない、あれがだめだと罪や弱点を指摘し、責めたてます。死の力が私たちを支配し、無力にし、落ちこませます。しかし、私たちはすでに十字架の恵みの支配にいるのです。サタンに騙されて、律法主義の罠にはまることを繰り返していてはなりません。罪赦されているという恵みに生きれば、自ずから、主に従うことが喜びとなっていきます。
posted by e-grape at 07:35| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする