2017年08月31日

詩篇40篇3節

「主は、私の口に、新しい歌、われらの神への賛美を授けられた。多くの者は見、そして恐れ、主に信頼しよう」。

「ブラジルの蝶の羽ばたきが、テキサスに竜巻を起こす」といわれます(バタフライ効果)。同様に、小さな賛美でも、驚くばかりの恵みの世界を開きます。心が震えて、喜びの歌が湧きあがります。その喜びと感謝の歌が、さらなる恵みを人々に広げます。主に喜びの声を上げましょう。
posted by e-grape at 07:27| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

詩篇39篇12節

「私の祈りを聞いてください。主よ。私の叫びを耳に入れてください。私の涙に、黙っていないでください。私はあなたとともにいる旅人で、私のすべての先祖たちのように、寄留の者なのです」。

ダビデも先祖アブラハムら同様、地上を寄留する旅人です。世に属する者ではなく、主に属する者です。私たちも旅人です。それゆえ、地に向かってではなく、故郷である天に向かって、涙で叫ぶのです。
posted by e-grape at 07:24| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

詩篇39篇7節

「主よ。今、私は何を待ち望みましょう。私の望み、それはあなたです」。

主は、主を待ち望む者を恵もうと、待っておられます(イザ30:18)。主を待ち望むとは、主の教えを口ずさみ、賛美し、思い煩わずに祈ることです。御言葉を学ばないことは自分の知恵と力に頼ること、祈らないことは主の恵みは不要という意思表示です。しかし、主を待ち望む者は聖霊の力を受け、自分を超えることができます。
posted by e-grape at 07:38| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

詩篇39篇4節

「主よ。お知らせください。私の終わり、私の齢が、どれだけなのか。私が、どんなに、はかないかを知ることができるように」。

いのちのはかなさを心に留めて生活することは大切です。怒りや妬みや争いで、時間を無駄にすることがないためです。一時の肉の欲望や感情で、人生の方向を見失わないためです。自分の終わりの日を意識して、生活習慣や行動パターンを再点検し、整理してみませんか。
posted by e-grape at 07:18| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

主の祈り

天にまします我らの父よ。
ねがわくは御名をあがめさせたまえ。
御国を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ。
我らの日用の糧を、今日も与えたまえ。
我らに罪をおかす者を、我らがゆるすごとく、我らの罪をもゆるしたまえ。
我らをこころみにあわせず、悪より救いいだしたまえ。
国とちからと栄えとは、限りなくなんじのものなればなり。
アーメン
posted by e-grape at 06:09| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする