2017年08月16日

詩篇37篇7節

「主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、悪意を遂げようとする人に対して、腹を立てるな」。

自己中心に立ち回る人や意地悪な人に対しては、とにかく相手と同じ土俵に立って争わないことです。主の土俵に立って眺めることで、冷静になり心に余裕が生まれます。聖書の倫理観、価値観に立ち続けて動かなければ、いつか主からあなたに報酬が支払われる日が来ます。
posted by e-grape at 23:53| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

詩篇37篇5節

「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる」。

私たちが目指すのは小さな自己実現ではなく、壮大なキリスト実現です。主はご自分の計画を必ず実現なさいます。それゆえ、私たちの夢を主の計画に乗せるなら、一緒に成就します。自分のために生きるなら、それだけの人生で終わります。しかし、私たちの人生を神の国に投資するなら、自分の能力を超えた人生となります。
posted by e-grape at 07:20| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

詩篇37篇3、4節

「主に信頼して善を行なえ。地に住み、誠実を養え。主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる」。

人の成功を妬まず、善を行って損しても苛立たず、主を喜びとするのが、ダビデの目指す暮らしです。主に愛され、主に知られていることだけで、十分なのです。自分の利を優先して考えるから、争いが生じ、平安を失うのです。主に信頼し、淡々と誠実を尽くすのが一番です。
posted by e-grape at 07:07| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

ローマ8章3節

「肉によって無力になったため、律法にはできなくなっていることを、神はしてくださいました。神はご自分の御子を、罪のために、罪深い肉と同じような形でお遣わしになり、肉において罪を処罰されたのです」。

キリストの肉において罪の力は粉砕されました。ですから、罪の原理に主導権を渡してはなりません。私たちは聖霊によって、御心に沿って自由に考え、行動しようと思えばできるのです。
posted by e-grape at 08:01| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ローマ8章2節

「なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです」。

私たちは御霊の原理に生きています。神と和解して聖霊を受け、生きる意味と力を回復しています。人と和解して平和に暮らすことができます。自然と和解して健康も回復できます。御霊の原理は、自然法則と同じように私たちに働いているのです。信仰も「自然体」にして暮しましょう。
posted by e-grape at 08:27| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする