2017年08月08日

ローマ7章12節

「ですから、律法は聖なるものであり、戒めも聖であり、正しく、また良いものなのです」。

律法(トーラー)とは主の教えのことであり、聖さの基準を指し示します。主の道を真っ直ぐに照らし、人生が的を外さないように守ります。しかし、外せば、罪、死、地獄です。私たちは罪の深刻さをどれほど知っているでしょうか。知っている人ほど、十字架の恵みに感謝し、主の教えに従うことを喜びとします。
posted by e-grape at 07:18| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする