2017年08月25日

ローマ8章18節

「今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます」。

こう語るパウロは、途方もない苦しみを耐え抜いた人です。耐え抜けたのは、将来、相続することになる主の栄光がどんなに偉大なものか、よく知っていたからです。その日の喜びを思えば、私たちの今の苦しみも、耐え抜く意味があります。その喜びを先取りしましょう。
posted by e-grape at 09:15| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする