2017年08月26日

ローマ8章24a、25節

「目に見える望みは、望みではありません。だれでも目で見ていることを、どうしてさらに望むでしょう。もしまだ見ていないものを望んでいるのなら、私たちは、忍耐をもって熱心に待ちます」。

カイザリアに幽閉中のパウロは、地中海に沈む夕日を見つめていたことでしょう。その先にはローマがあります。そして2年後、念願のローマの地を踏みます。目に見えずとも、主の計画は進んでいます。
posted by e-grape at 07:41| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする