2017年09月13日

詩篇42篇1節

「鹿が谷川の流れを慕いあえぐように、神よ。私のたましいはあなたを慕いあえぎます」。

世で成功したい。人に認められたい。人に愛されたい。何かを獲得したい。人に勝ちたい。復讐したい…でも、それが実現しても、あなたの魂はまた渇きます。主の「生ける水」を飲むまで渇き続けます。自分の渇きに正直になりませんか。主の恵み、聖霊の力を求め、不毛の岩山から谷川の流れへと下りませんか。
posted by e-grape at 08:55| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詩篇41篇12節

「誠実を尽くしている私を強く支え、いつまでも、あなたの御顔の前に立たせてください」。

愛と正しさに誠実であろうとする美徳が軽んじられる時代です。だからこそ、誠実である人は際立ちます。信仰者は、主に誠実を尽くします。十字架の恵みを味わっているからです。もう一度、自分の誠実さを問い、信仰生活を洗い直してみませんか。魂が真っ直ぐに主に向かい、心も体も軽くなってきます。
posted by e-grape at 08:53| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

詩篇41篇12節

「誠実を尽くしている私を強く支え、いつまでも、あなたの御顔の前に立たせてください」。

愛と正しさに誠実であろうとする美徳が軽んじられる時代です。だからこそ、誠実である人は際立ちます。信仰者は、主に誠実を尽くします。十字架の恵みを味わっているからです。もう一度、自分の誠実さを問い、信仰生活を洗い直してみませんか。魂が真っ直ぐに主に向かい、心も体も軽くなってきます。
posted by e-grape at 07:32| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

詩篇41篇4節

「私は言った。『主よ、憐れんでください。私のたましいを癒してください。私はあなたに罪を犯したからです』」。

この謙虚な悔い改めがなければ、何も始まりません。魂が癒されていないからです。立派なことを言っても、失敗に終わります。自虐的なことを言っても、沈んだ心はいつまでも沈んだままです。卑屈は高慢の裏返しです。今日のダビデの告白から始めませんか。主の憐れみが臨みます。
posted by e-grape at 08:32| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

『聖書読み比べ』詩 119:130

【新改訳改訂第3版】
みことばの戸が開くと、光が差し込み、わきまえのない者に悟りを与えます。

【口語訳】
み言葉が開けると光を放って、無学な者に知恵を与えます。

【新共同訳】
御言葉が開かれると光が射し出で/無知な者にも理解を与えます。
posted by e-grape at 06:50| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする