2017年10月05日

ローマ10章13節

「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる」。

一日を祈りから始めても、忙しさの中で主を忘れ、思わぬ出来事が起こって狼狽し、自分の感情や判断で動いてしまうことがありませんか。心が激したまま、あるいは不安なまま、主をそっちのけにして行動してはなりません。一旦立ち止まり、主の御名を呼び求め、祈ってから、行動を再開しましょう。主は、求める者を必ず助けてくださいます。
posted by e-grape at 08:09| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする