2017年10月21日

ローマ11章29節

「神の賜物と召命とは変わることがありません」。

神がイスラエルと結ばれた契約は永遠に有効です(創世記17:13など)。今は神と敵対していても、変わらず神に愛されています(28)。私たちクリスチャンも信仰によるアブラハムの子孫であり、同じように神に愛されています。選びと使命は、私たちが忘れていても有効です。つまり、神は私たちに、自分の務めを果たすことを期待しておられるのです。
posted by e-grape at 07:39| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする