2017年10月25日

詩篇51篇17節

「神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません」。

心は気づかぬうちに硬くなりがちです。定期的に打ち砕きましょう。また、ときには心を引き裂いて、溜まっている苦い汁を流し出すことも必要です。そうして、いつも教えられやすい柔らかな心を用意しておきたいですね。その心を主への捧げ物とするのです。主が喜ばれるいけにえです。
posted by e-grape at 11:09| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする