2017年11月03日

ローマ12章2節b

「いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい」。

外見を変えるよりも、心を一新に努めましょう。人の誉め言葉を求めて一喜一憂するのでなく、主からの称賛を求めるのです。「あなたの心は聖く、美しい」。それこそ、最高の賛辞です。常に、神に喜ばれることを考えていましょう。
posted by e-grape at 07:27| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする