2017年11月04日

ローマ12章3節b

「だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい」。

自分を過大評価してはなりませんが、神からの賜物や能力を過小評価してもなりません。人の評価で自分を見るなら、高慢になったり卑屈になったりします。神の目で自己評価できるようになれば、正しい誇りと謙遜が身につきます。
posted by e-grape at 07:23| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする