2017年11月14日

ローマ12章9節

「愛には偽りがあってはなりません。悪を憎み、善に親しみなさい」。

真実の愛には恐れがありません。損得勘定がありません。拒絶されることを恐れません。キリストに愛されたように愛します。しかし、愛するとは、悪を許容することではありません。かえって義を成し遂げます。愛が真実であるほど、理解されず、嫌われることがあります。愛するとはそういうことです。主の愛こそがそうでした。
posted by e-grape at 07:41| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする