2017年11月23日

詩篇62篇8節

「民よ。どんなときにも、神に信頼せよ。あなたがたの心を神の御前に注ぎ出せ。神は、われらの避け所である」。

平穏な時は生温く、試練の時はしなえてしまうのでは、本物の信仰とは言えません。信仰者は、平穏な時も試練の時も、変わらず主に信頼します。誰しも、ハンナのように、心を注ぎ出して祈り続けるべき時があります。今がその時であると思うなら、明日に延ばすことなく、今日しましょう。
posted by e-grape at 07:50| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする