2017年11月24日

詩篇63篇1節

「神よ。あなたは私の神。私はあなたを切に求めます。水のない、砂漠の衰え果てた地で、私のたましいは、あなたに渇き、私の身も、あなたを慕って気を失うばかりです」。

心がどんなに渇き切っても、その渇きを神以外のもので癒そうとしてはなりません。目の前の手ごろな愛や安っぽい幸福に引かれて、この程度でいいと妥協してはなりませ。人のたましいは神の愛と恵みでしか、癒されないのです。
posted by e-grape at 07:54| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする