2018年01月31日

詩篇82篇8節

「神よ。立ち上がって、地を裁いてください。まことに、すべての国々はあなたが、ご自分のものとしておられます」。

主が全地の支配者だと知っていなければ、「地を裁いてください」と叫ぶことはできません。滅びに向かう人々のために涙を流して祈った者でなければ、そう嘆願する資格はありません。また、自分も社会の堕落に加担したと告白し、悔い改めなければ、主の裁きを求めることはできません。
posted by e-grape at 09:58| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

詩篇81篇10節

「わたしが、あなたの神、主である。わたしはあなたをエジプトの地から連れ上った。あなたの口を大きく開けよ。わたしが、それを満たそう」。

主だけが私たちの神です。主だけに養われています。不純な「食物」で「腹」を満たそうとしてはなりません。口で甘く感じても、腹では苦くなります。しかし、主の恵みは、もっと「口を大きく開けて」摂取していいのです。開きが小さくては、満たされません。
posted by e-grape at 10:11| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

詩篇80篇17、18節

「あなたの右の手の人の上に、御手が、ご自分のため強くされた人の子の上に、御手がありますように。そうすれば、私たちはあなたを裏切りません。私たちを生かしてください。私たちは御名を呼び求めます」。

主の恵みと憐れみを待つほかないことがあります。しかし、私たちは主の御名が授けられています。危機的状況なのに、主の御名を呼び求めなくなっているとしたら、それこそ深刻な霊的危機です。
posted by e-grape at 07:06| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

ローマ16章3-4節

「キリスト・イエスにあって私の同労者であるプリスカとアクラによろしく伝えてください。この人たちは、自分のいのちの危険を冒して私のいのちを守ってくれたのです。」。

パウロは単独で宣教活動したのではなく、多くの同労者と協力し、苦難も喜びも分かち合いました。主との個人的な関係は大切ですが、それがゴールではありません。目標は神の国の拡大です。それは協力なしには達成できません。
posted by e-grape at 07:37| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

ローマ15章30節

「兄弟たち。私たちの主イエス・キリストによって、また、御霊の愛によって切にお願いします。私のために、私とともに力を尽くして神に祈ってください」。

あなたは、「私のために切に祈ってください」と人に頼んでいますか。祈りの力を体験的に知っている人は、自分が危機にある時、あるいは大事をなすとき、人にも真剣に祈りを要請します。また、人から祈りを頼まれたら、切に祈ります。
posted by e-grape at 08:16| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする