2018年01月04日

詩篇73篇28節a

「しかし私にとっては、神の近くにいることが、幸せなのです」。

神の近くにいれば安全です。気持ちが萎える日が続いても、主の近くから絶対に離れないことです。目に見えるもの、体で感じるものに逃避して、自分の気持ちを紛らわせても、何の解決にもなっていません。自分で定めた祈りや聖書の学びの時間、主日礼拝はとにかく守り抜きましょう。主のもとにとどまる以外に、幸せの道はないのですから。
posted by e-grape at 07:32| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする