2018年02月03日

詩篇84篇10節

「まことに、あなたの大庭にいる一日は千日にまさります。私は悪の天幕に住むよりはむしろ神の宮の門口に立ちたいのです」。

永遠のいのちとは、主とともに暮らすことです。主の大庭(神の国)に入れば、自分の存在が主に喜ばれていることがわかります。主の家で一日過ごせば、力が全身に浸透し、生きる意味がよみがえってきます。今日、そんな永遠のいのちの一日を体験されるように、祝福します。
posted by e-grape at 07:18| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする