2018年02月17日

詩篇89篇34節

「わたしは、わたしの契約を破らない。くちびるから出たことを、わたしは変えない」。

主は、ダビデの王座は永遠に堅く立つと誓われた(3、4)のに、その契約を破棄されたかのようにダビデ王国は滅んでしまいました。「主よ。あなたの恵みはどこにあるのでしょうか」(49)と問いたくなります。でも、主は契約に誠実です。恵みは目の前にあります。ただ、民が悔い改めるのを待っておられるのです。
posted by e-grape at 09:12| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする