2018年04月04日

Iコリント4章12b、13a節

「辱められるときにも祝福し、迫害されるときにも耐え忍び、罵られるときには、慰めの言葉をかけます」。

主に不可能なことはありません。最初から挫折しないで、まずどんな人に対しても、心の中で祝福することを始めてみましょう。「私たちには、キリストの心があるのです」(Iコリ2:16)。これは私たちの心の真実です。真実は、実際に試してみれば、事実だとわかります。後は続けるだけです。
posted by e-grape at 08:16| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする