2018年04月18日

Iコリント6章7節

「そもそも、互いに訴え合うことが、すでにあなたがたの敗北です。なぜ、むしろ不正をも甘んじて受けないのですか。なぜ、むしろだまされていないのですか」。

私たちが真に正しいなら、だれが何と言おうと、その正しさは不変です。しかし、我を張り、感情的に自分の正しさを示そうとするなら、その正しさは主の前に揺らぎます。あえて不正に甘んじるほうが、正しさは保たれます。主はご存知です。
posted by e-grape at 07:48| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする