2018年04月21日

Iコリント6章13節b

「からだは不品行のためにあるのではなく、主のためであり、主はからだのためです」。

主があなたの体を養っておられます。その体を主の願いどおりに用いましょう。口にしてはならないこと(もの)、見てはならないもの、行ってはならない所があります。不品行は、体を無意味に疲労させ、力と時間を浪費させます。体を聖く保てば、体力も時間も温存できます。そうして力を尽くして主を愛するのです。
posted by e-grape at 07:38| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする