2018年04月28日

詩篇105篇3節

「主の聖なる名を誇りとせよ。主を慕い求める者の心を喜ばせよ。主とその御力を尋ね求めよ。絶えず御顔を慕い求めよ」。

主の御名を誇りとしているなら、人から馬鹿にされても傷つきません。むしろ感謝と祝福で応答しようとします。自分の誇りにはこだわらないからです。主を慕い、主の御力を求めるのなら、喜んでください。主のご性質と力が、その人の随所からにじみ出るようになります。
posted by e-grape at 07:23| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする