2018年08月09日

Iコリント15章26節

「最後の敵である死も滅ぼされます」。Iコリント15章26節

死ねば全て終わりなら、「明日は死ぬのだ。さあ、飲み食いしようではないか」(32)となります。しかし、死が滅ぼされるのなら、主を信じる私たちは永遠に生きます。ならば当然、永遠という視点で物事の価値や意味を判断し、行動するでしょう。刹那的な生き方はしないし、一時的なことに人生を懸けることもしません。この視点で、自分の人生を見直しませんか。
posted by e-grape at 07:19| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする