2018年08月14日

詩篇134篇2節

「聖所に向かってあなたがたの手を上げ、主をほめたたえよ」。

主の御前で自分の理屈を説明するだけでは、祈りも賛美にもなりません。主に向かって両手を上げれば、自ずから賛美が始まります。主をほめたたえることから、主の恵みがあふれ出します。心の濁りが消え、喜びが湧き出します。心の中の繰り言は何も生みだしません。心を一新したいなら、まず主に向かって手を上げましょう。
posted by e-grape at 07:03| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする