2018年08月17日

詩篇137篇5節

「エルサレムよ。もしも、私がおまえを忘れたら、私の右手がその巧みさを忘れるように」。

エルサレムからバビロンに捕囚となったユダの民が、故郷を涙枯れるまでに慕う歌です。彼らの帰っていく所は、神の都エルサレムしかないのです。私たちにも、キリスト以外に帰る所はありません。この自覚が主への思いを熱くさせるのです。主を忘れたら、「舌が上あごにつくように」と歌うまでに。
posted by e-grape at 07:22| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする