2018年09月01日

詩篇141篇3節

「主よ。私の口に見張りを置き、私のくちびるの戸を守ってください」。

口を黙らせるには、まず心を黙らせることです。口よりも、心のほうがおしゃべりだからです。心の中は他人には聞こえないので、欲望、怒り、不平、裁き、悪口、自己弁護の言葉をぶつぶつ繰り返しています。これを止めれば、おのずから口も止まります。心のむだ口を止めるためには、ひたすら神の言葉に耳を傾けることです。
posted by e-grape at 07:12| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする