2018年11月26日

第2コリント9章6節

「少しだけ蒔く者は少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は豊かに刈り取ります」。

蒔くとは、所有しているものを一旦手放すことです。手放すことをためらうなら、収穫は期待できません。不作を恐れて、種を蒔かずに取っておく農家はありません。種とは蒔くものです。種は豊かに蒔いて、初めて豊かな収穫が期待できます。才能、賜物、時間、お金は、蒔かずにしまっておけば、やがて消えてしまいます。
posted by e-grape at 07:52| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする