2018年12月25日

イザヤ9章2節

「やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った」。

自分の心の闇に絶望した人は幸いです。大いなる光を見ます。死の陰におののく人は幸いです。真のいのちを受けます。人間存在の空虚を知る人は幸いです。唯一の希望に出会います。創造主は闇の世界に、まず光を造られました。闇は光に打ち勝てません。ドアを開ければ、光は飛び込んでくるのです。
posted by e-grape at 08:07| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

マタイ2章9b、10節

「すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ」。

闇に閉ざされた日々であっても、主が小さな光を用意されています。その光を追っていくなら、やがて大いなる光に出会います。星に先導されて救い主を見つけた博士らのように、今宵、あなたの顔が「この上ない喜び」で輝きますように。
posted by e-grape at 07:31| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

イザヤ27章5、6節

「もし、わたしの砦に頼りたければ、わたしと和を結ぶがよい。和をわたしと結ぶがよい。時が来れば、ヤコブは根を張り、イスラエルは芽を出し、花を咲かせ、世界の面に実を満たす」。

根を張り、芽を出し、花を咲かせ、実を満たすための絶対必要条件、それは主と和を結ぶことです。主との和解は、悔い改めから始まり、祈りで結実します。この最も大切なことを面倒がってはならないのです。
posted by e-grape at 07:35| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

イザヤ26章19節

「あなたの死人は生き返り、私のなきがらはよみがえります。さめよ、喜び歌え。ちりに住む者よ。あなたの露は光の露。地は死者の霊を生き返らせます」。

私たちはキリストと共に死んで、新しく造られた者です。長らく停電だった部屋に電気が戻ったときの安堵と喜びをご存知でしょう。創造主とつながることは、それ以上の喜び、いのちと力回復です。今、私たちの全身に、霊の力がみなぎっているのです。
posted by e-grape at 07:13| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

イザヤ26章7節

「義人の道は平らです。あなたは義人の道筋をならして平らにされます」。

主に従う者の行く道は真っ直ぐにされます。真っ直ぐに歩む者の道は、平らにされます。現実は、うねりくねり、川あり山ありのように見えるかもしれません。それでも主に従って進み続け、あとで振り返ってみれば、歩んだ道は平らで真っ直ぐになっているのです。不思議なことですが、それがクリスチャンの道筋です。
posted by e-grape at 09:14| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする