2018年12月10日

第二コリント10章17、18節

「誇る者は、主を誇りなさい。自分で自分を推薦する人でなく、主に推薦される人こそ、受け入れられる人です」。

話す言葉の端々に、自慢や自己推薦を挟み込む人は敬遠されます。何か誇れることがあったとしても、忘れたほうがいいのです。忘れた頃に、主があなたを推薦してくださるでしょう。私たちの生き方は、何を誇りとするかで決まります。私たちが誇るべきは、主から受けた愛と恵みです。
posted by e-grape at 07:09| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする