2019年01月01日

申命記1章6b、7a節

「あなたがたはこの山に長くとどまっていた。向きを変えて、出発せよ」。

思い悩む時、悲しむ時、過去を振り返る時、理屈をこねる時は終わりにし、向きを変えて一歩踏み出す時が来ていませんか。主が私たちを選ばれたのは、ひとりひとりに期待しておられることがあるからです。主が先に立ってくださいます。主に遅れず、先にも出ず、主の歩みに合わせるなら、主の御心を実現することができます。
posted by e-grape at 08:41| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする