2019年02月02日

ガラテヤ3章24節

「律法は私たちをキリストへ導くための私たちの養育係となりました。私たちが信仰によって義と認められるためなのです」。

ユダヤ人は律法によって罪を悟り、私たち異邦人は良心によって罪を自覚します(ロマ2:14、15)。私たちはその罪意識によって、救い主に導かれました。ですから良心の痛みを感じるたびに、落ち込むのではなくて、砕かれた心で主に近づき、救いの喜びを新たにするのです。
posted by e-grape at 07:12| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

ガラテヤ3章22節

「しかし聖書は、すべてのものを罪の下に閉じ込めました。それは約束が、イエス・キリストに対する信仰によって、信じる人たちに与えられるためでした」。

聖書(律法)は、人間の不幸の根源は罪であることを明確に示します。罪の力を無視すれば、人間が図る問題解決はすべて的外れとなります。罪の力を打ち破られたのはキリストだけです。キリストから始めなければ、何も解決されないのです。
posted by e-grape at 07:41| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする