2019年03月30日

エペソ1章14節

「聖霊は私たちが御国を受け継ぐことの保証です。これは神の民の贖いのためであり、神の栄光がほめたたえられるためです」。

聖霊による割礼は、神の国の永住権カードです。神の国はすでに私たちのところに来ています(ルカ11:20)。その永住者である「神の民」は様々な権利を受け、寛容と柔和と自制を行使し、知恵と洞察力を発揮できます。その権利を実際に使うことが、神の栄光となるのです。
posted by e-grape at 07:09| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

エペソ1章10節

「時がついに満ちて、実現します。一切のものがキリストにあって、天にあるもの地にあるものがこの方にあって、一つに集められるのです」。

人種や民族や言語が、キリストのもとで一つになる日が来ます。主が全世界を治められ、礼拝や賛美も一つになります。考え方や感じ方も、聖霊によって一つになります。その光景に圧倒されることでしょう。その日の歓喜を思えば、心が穏やかになります。
posted by e-grape at 09:23| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

エペソ1章5節

「神は、みむねと御心のままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定めておられました」。

これは驚くべき恵みです。この世では、選ばれる選ばれない、愛される愛されない、という喜びや寂しさを味わいます。しかし、私たちは神に選ばれ愛され、神の子供に定められていたのです。この驚きと喜びが信仰の原点です。そこから一日を始めるのです。
posted by e-grape at 07:44| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

エペソ1章4節

「神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました」。

生まれながらにして、才能や富や容貌に恵まれている人たちがいます。そんな人たちをみると、世の中は不公平だなあと思ってしまいます。でも、生まれる前から創造主なる神に選ばれ、永遠の命を受けた者もいるのです。それが私たちです。この恵みを無駄にしたくはありません。
posted by e-grape at 10:45| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

エペソ1章3節

「神はキリストにおいて、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました」。

霊的祝福とは、神の御性質(聖、愛、義など)から来る全ての良きもののことです。それは私たちの生活の全領域に惜しみなく注がれています。善行をすれば注がれるというのではなく、主に逆らわなければ、最初から注がれているのです。それゆえ、いつも喜んでいる人は、自ずから受け取ります。
posted by e-grape at 08:11| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする