2019年03月13日

ガラテヤ6章3節

「立派でもない自分を何か立派でもあるかのように思うなら、自分を欺いているのです」。

自分の品性や日頃の言動をよく吟味すれば、誇れるものは何もないとわかります。だからこそ主に自分を丸投げし、新しく造り上げていただくのです。「風を切りどんなに早く走れても偉いのはマシンさ、オレはただのバカ」(暴走族)。この謙遜は大切です。偉大なのは主です。私たちはただの「痛んだ葦」です。
posted by e-grape at 07:36| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする