2019年07月05日

ピリピ1章23節

「私は、その二つのものの間に板ばさみとなっています。私の願いは、世を去ってキリストとともにいることです。実はそのほうが、はるかにまさっています」。

パウロは地上の苦難から逃れたくて、そう言ったのではありません。苦難の中でも、キリストとともにいる喜びを十分に味わっています。天の御国の豊かさは、地上でも楽しめるのです。だからこそ、本体を体験する日が待ち遠しいのです。
posted by e-grape at 07:34| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする