2019年08月31日

コロサイ1章21節

「あなたがたも、かつては神を離れ、心において敵となって、悪い行いの中にあったのですが、今は神は、御子の肉のからだにおいて、しかもその死によって、あなたがたをご自分と和解させてくださいました。それはあなたがたを、聖く、傷なく、非難されるところのない者として御前に立たせてくださるためでした」。

神から離れ神の敵になってはなりません。神との和解で一日を始めましょう。
posted by e-grape at 07:57| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

コロサイ1章19、20節

「なぜなら、神はみこころによって、満ち満ちた神の本質を御子のうちに宿らせ、その十字架の血によって平和をつくり、御子によって万物を、御子のために和解させてくださったからです。地にあるものも天にあるものも、ただ御子によって和解させてくださったのです」。

政治・経済力、科学技術では、真の平和は創れません。キリストの十字架と私たちのへりくだりが、真の和解を生み出します。
posted by e-grape at 07:54| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

コロサイ1章18節

「また、御子はそのからだである教会のかしらです。御子は初めであり、死者の中から最初に生まれた方です。こうして、ご自身がすべてのことにおいて、第一のものとなられたのです」。

「第一のもの」を第一とする生き方に徹していけば、おのずから御心に沿った道を歩むようになります。しかし、私たちはこの当り前のことを忘れやすいのです。だからこそ、毎朝、心を真っすぐに正すのです。
posted by e-grape at 09:35| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

コロサイ1章16節bc

「天にあるもの、地にあるもの、見えるもの、また見えないもの、王座も主権も支配も権威も、すべて御子によって造られたのです。万物は、御子によって造られ、御子のために造られたのです」。

世界は人間のためではなく、御子の栄光のために造られました。それゆえ、「私のためのキリスト」ではなく、第一義的に「キリストの栄光のための私」として生きるのが、クリスチャンのあり方です。
posted by e-grape at 07:51| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

コロサイ1章13節

「神は、私たちを闇の力から救い出して、その愛する御子の支配下に移して下さった」。

私たちは闇の力から解放されています。なのに、闇の誘惑に身を任せてしまうことがあります。私たちは光の支配下にいます。わざわざ闇に身を置いて誘惑と戦うのは愚かです。光の中で主のわざを行い、主を語るのです。頭の中で考えるのではなく、光の中で実際に体を動かすことが、光の勝利の味わい方です。
posted by e-grape at 09:59| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする