2019年11月01日

エゼキエル6章14節

「わたしが・・・するとき、彼らは、わたしが主であることを知ろう」。

エゼキエル書には、この形式の表現が50回以上出てきます。その使われ方は二つです。一つは、主が罪の裁きと懲らしめをもたらされるときです。もう一つは、主が救いと回復をもたらされるときです。懲らしめを受けて痛み苦しむときも、憐れみを受けて喜び踊るときも、主の義と愛を忘れず、主をほめたたえるべきなのです。
posted by e-grape at 11:49| All | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする